湖山医療福祉グループ
ニュース あいさつ 沿革 行動指針 施設紹介 リクルート リンク
理事長あいさつ 湖山医療グループ理事長
 湖山医療福祉グループは2008年度に25周年を迎えます。
 思い返してみますと、わたしの医師生活29年目になる1983年(昭和58年)7月に
銀座の民間病院を引き継ぎ、このときから後に代表となる長男・泰成の参画を得て、
今日に至りました。
 その後、1990年(平成2年)1月、静岡県富士市大渕に湖山病院を設立。
以来、北は北海道から南は島根県に至るまで幾多の法人、施設を開設する運びとなり、
さまざまな機運に恵まれました。
 25周年を迎えて、現在、湖山医療福祉グループは4,000名を超える職員を擁し、
全国各地に小規模ながら夫々の医療福祉の要望に応えるべく頑張っております。
 本年はわたしも傘寿を迎えました。全国の職員共々、今後とも地域の医療・福祉に
微力ながら尽して参る所存でございます。
代表あいさつ
湖山医療グループ代表

湖山医療福祉グループは、提携している株式会社運営施設を含めますと2009年3月1日現在で25法人・125サービス拠点・286事業所を、北は北海道から南は島根県に至る全国各地で広域的かつ地域に密着して運営展開をしております。

ご承知の通り、老人介護に対する国民の関心と期待は21世紀に於ける日本の最重要課題の一 つとして高まる一方ですが、湖山医療福祉グループとしては、職員4600人の総力を結集して、お応えしたいと決意しております。

その実現のために、グループの基本方針として以下の3点を特に大切に追い続けて、お年寄りが希望を持てる明日を創り出すことに邁進して参ります。

  1. 各地それぞれの施設に於いて、顧客サービスのレベルが地域NO.1の施設づくりを目指します。
  2. 地域のお年寄りとそのご家族の多様なニーズに対応した、小規模多機能の施設づくりに今後も積極的に取り組みます。
  3. 上記を実践する介護の現場を支えてくれるのは、真の顧客指向を大切にする志を持つ若い人達です。意欲にあふれた若者が、自分の生きがい・やりがいを追求できる職場としてふさわしい組織に湖山医療福祉グループを改革し、育てて行きます。

現在、日本の少子高齢化の社会ニーズに合わせて、医療と福祉(予防)・教育・地域(街づくり)の観点からハイブリッドな経営をするべく模索しております。これからも地域のお年寄りを幸せにする仕事を続け、若者の教育を事業創生と捉えて更に新しい世界へ邁進したいと考えております。

 
湖山ヘルスケアグループ